お正月の定番

お正月恒例のお雑煮、2日目は鴨雑煮。  野趣に富んだ鴨出しとごぼうの風味に柚子の香りがポイントです。


おせち

 黒豆の仕込みが始まりました。  20代くらいまでは年末から家で出される『おせち料理』があまり好きではなかったのですが、いつ頃からか、やはり「おせち』って良いな、正月が来ると食べないなって思えるようになりました。駒の湯では正月の3日までは、朝食に少しばかりですが、昔ながらのおせちをご用意しております。  小さい頃からおせち大好き!だったら一番良いかもしれませんが、僕のように「あまり好きじゃない」→「結構好きかも」って変化も含めておせちの思い出になれば良いなと思います。    by 三宅


すんき漬け

今日は、少し遠出してスンキ用のかぶ菜を仕入れに行ってきました。もちろんカブも漬けて夕食か朝食の一品となります。  スンキって、漬ける作業は単純なんですけど、綺麗に洗って刻むっていう工程はとても大変なんです。 by 三宅






季節の味です!

昨日は駒の湯でも今季初の『すんき』を仕込みました。例年よりあたたかい日が続いていたのでカブ菜は育つがすんきの仕込みはまだ早いかな?なんて思っていましたら、かぶ菜が無いかもと言われて少し慌てている今年のすんき作りです。 by 三宅





もうひと頑張り

今日は休館日とさせて頂きましたが、厨房は夏の宿題をせっせとこなしています。 トウモロコシの収穫が少し遅れた今夏、例年であればお盆前にはほぼ終わっているはずのトウモロコシのストック(前菜のパンナコッタコッタ用)一年分を貯めるまでもうひと頑張りです。 by 三宅


太陽の味するんです

いつもトウモロコシを買っている農家さんから「割れちゃって売れないから持っていって」と美味しいトマトを頂きました! 畑で熟したトマトはやっぱり最高の味。 前回もらった時に子供と一緒に丸かじりして「太陽の味がするだろ?」って聞いたら「???」みたいな顔してましたが…太陽の味がします(笑) トウモロコシもせっせと仕込んでストックしております。 by 三宅





抹茶と小豆のハーモニー

抹茶のパウンドケーキ焼けました! いつもは、デザートのアイスクリームの横にひっそりと寄り添ってます。 木曽町福島にある菓子蔵喜しろうさんで炊いてもらった小豆入り。 同じく、自家製のバニラアイスと一緒に楽しんで下さい。 by 三宅


おばあちゃんの味

春の味! 山葵菜の季節! ツーンとくる辛味がお酒にピッタリ。 駒の湯の山葵菜のお浸しは、先代のおばあちゃんから受け継ぐ味。刻んだ山葵菜を沸かした酒、醤油、酢でさっと絡めて、数日おくと、美味しいお浸しの出来上がり。 ポイントは温度なんですが、それが一番難しくて、数年に一回くらいは失敗して辛味が出ないことも。うまくいけば保存容器の蓋を開けると目が痛いくらい、これが成功の目安。 by 三宅








それでも春!

雪はまだまだ降って欲しいですが、娘と一緒に春も楽しんできました〜
今日の前菜用です! by 三宅


お正月なのに?お正月だから?

『季節外れ?の松茸ご飯!!!」 今年のお正月は、夜は松茸ご飯をご用意致しました。昨年の秋は松茸が豊作となり、それならお正月に松茸ご飯と茶碗蒸しを出せるようにストックしておこう!という流れになりまして、お正月に秋の味覚となりました(笑) ハレノヒのために取っておくという田舎の知恵です。 by 三宅